どんなときもWiFiに審査はある?

どんなときもWiFiは2つの支払い方法があります。

クレジットカード支払いの場合、既にクレジットカード会社の審査を通ってクレジットカードが発行されているので、どんなときもWiFiでの審査は通りやすくなります。

その為、クレジットカード支払いでは身分証明書の提出義務はなく、名前・住所・電話番号・メールといった情報で申し込みが完結します。

口座振替支払いの場合、銀行口座を作成する際に銀行側が審査をして作成しているわけではないので、信用がありません。その為、口座振替支払いの場合は身分証明書の提出を義務化しています。

その為、身分証明書を含めて審査を致します。

この様に、支払い方法により審査の緩さは大きく分かれます。

口座振替の場合クレジットカードと違い、立て替えてくれる会社が間にないため、料金の未納があれば株式会社 グッド・ラックにはお金が入金されません。

一方でクレジットカード決済であれば、クレジットカード会社から株式会社 グッド・ラックに振込みされるので、未納リスクを回避することができます。

口座振替の場合、クレジットカードと比べると少し不利になるのは間違いありません。どんなときもWiFi公式で発表されているわけではありませんが、決定的なのは身分証明書提出の有無の差です。

これだけでも、口座振替が審査において厳しいというのは分かるでしょう。

どんなときもWiFiのクレジットカード支払いのみの審査内容は?

クレジットカード支払いは信用がありますが。過去にクレジットカード料金の未払いがあると、「支払い能力がない」「期日通りに料金を払わない」とみなされ、信用を失い審査に落ちる可能性があります。

クレジットカードの未納はクレジットカード会社が立て替えるので、株式会社 グッド・ラックは直接的な損害を受けるわけではありませんが、クレジットカード料金の未納トラブルを起こしていること自体、印象が良くありません。

どんなときもWiFiの口座振替支払いのみの審査内容は?

どんなときもWiFiの口座振替支払いの審査内容は、主に銀行口座の履歴つまり過去の携帯電話の支払い状況を見られます。

過去に延滞や未納をしていないかを確認されて、料金を支払いを遅れたり、支払いをしている形跡がみられない場合は、どんなときもWiFiでも延滞や未納をされる恐れがある為、審査に落ちます。

株式会社 グッド・ラックとしては、毎月滞りなく料金を完納してくれるお客様を顧客にしたいと考えています。支払うか・支払わないか不安なお客様は契約させることはできません。

どんなときもWiFi端末は分割払いがなくても審査は厳しい

キャリアや格安SIMの契約時には端末の購入代金支払いを一括か、分割か選ぶことができます。分割を選んだ場合は、いわばローン契約になるため、返済能力の有無を見る審査がああります。

一括払いの場合はすぐに支払いとなるため審査は緩くなります。

どんなときもWiFiの端末は、無料で貸し出しです。つまり分割で購入するわけではないので審査は緩そうにみえますが、無料で貸し出しとなる以上、もし解約時に端末返品されなかったらとか、料金滞納したまま端末返品されなかったら・・・といったリスクを株式会社 グッド・ラックは背負う事になります。

どんなときもWiFi契約者全員に端末を引き渡す以上は、審査は慎重になります。 

どんなときもWiFiの「クレジットカード」「口座振替」審査落ちする理由

どんなときもWiFi審査落ち理由1:申し込み内容に不備がある

名前・住所などの誤字脱字によるミスは審査に落ちます。

正しい住所が「宮城県仙台市青葉区国分町2-9-3」の場合に「宮城県仙台市青葉区国分町2-8-3」と番地を間違えてしまうパターン。

「宮城県仙台市青場区国分町2-9-3」区の漢字を間違えてしまうパターンなどがあります。

口座振替支払いでは身分証明書を提出しています。そこに記載されている住所と完全一致した情報を入力する必要があります。

どんなときもWiFi審査落ち理由2:本人確認書類を送信していない

どんなときもWiFiの契約で、本人確認書類の提出が義務化されているのは以下の場合です。

  • 口座振替支払いの場合
  • 未成年のお申込み
  • 法人でのお申込み
  • 海外の方のお申込み

これらに該当する方は、お申込み完了後に本人確認書類を提出する義務があります。

どんなときもWiFi審査落ち理由3:携帯電話料金の滞納

どんなときもWiFi、基本的には2年の長期契約になります。そのため、支払い能力がないと判断されると、審査に落ちやすいです。

他の携帯会社の料金を滞納している場合は、審査に落ちる可能性が高いです。支払い状況は細かく調べられます。

どんなときもWiFi審査落ち理由4:携帯電話の短期解約

携帯電話の短期間に契約や解約を繰り返している場合、ブラックリストに入り審査に落ちます。

短期解約の目的は「携帯転売」です。これは、スマホを1人で複数台契約し短期間で解約したのち、本体をヤフオクやメルカリで販売する、というものです。

最低利用期間がある契約や、2年間の契約を約束する代わりに、毎月の料金が安くなる契約をした回線を、契約日から即日〜半年以内などの超短期で解約をしたり、繰り返した場合は審査に通りません。

どんなときもWiFi審査落ち理由5:身分証明書の不備

※身分証明書の提出義務がないクレジットカード支払いは関係ありません。

  • 本人確認書類の期限切れ
  • 本人確認書類の文字や写真が不鮮明
  • 本人確認書類のサイズが小さく確認ができない
  • 本人確認書類の撮影で手ブレがある
  • 本人確認書類の端っこが切れている

本人確認書類は以下の4種類です。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住基カード

これ以外の本人確認書類を提出しても審査に通りません。また、補助書類を必要とする本人確認書類はありません。

どんなときもWiFi審査落ち理由6:借金やローンの延滞が多い

住宅や車などの借り入れや滞納が多いと、審査に落ちる可能性があります。

明確にどの程度借り入れや滞納があれば、落ちると決まっているわけではありませんが、基本的には少しでもあると不利になります。携帯料金以外の返済状況も、契約時にはチェックされています。

要は、どんなときもWiFi料金を支払える能力をみられています。

どんなときもWiFi審査落ち理由7:名義が異なる

どんなときもWiFiの契約は本人が行う必要があります。

入力した情報と提出したクレジットカードや身分証明書の名義が異なる場合は審査に通りません。

どんなときもWiFi審査落ち理由8:信用情報のブラックリスト

クレジットカード、住宅・自動車ローンなどの支払い情報を収集・共有する、信用情報機関という組織があります。

携帯電話とは無関係に見えますが、UQモバイルでは端末セットを24回分割で購入する割賦販売、つまりローンがありますので、端末の金額が小さくても住宅や自動車のローンと同様に扱われるため、携帯電話ローンを組んだ時点で信用情報機関に支払い状況のデータが共有されることになります。

過去にクレジットカード、住宅・自動車ローン、携帯電話端末を滞納していると、ローンの支払いが滞ることになり、信用情報機関のデータに延滞や未払の情報が記載されます。この状態が「ブラック」です。

「過去にクレジットカードの支払いを延滞してしまった」「携帯電話の料金を支払うのが遅れた経験がある」「奨学金の返済が遅れたことがある」「通販の後払いサービスを使って代金を支払い忘れた経験がある」などがある方は審査に落ちる可能性が高いです。

自分がブラックリストかは確認できます。指定信用情報機関に登録されている個人信用情報は開示して調べることができます。

つまり、JICC、CIC、全銀協の3社に個人信用情報の開示請求を行えば、自分がブラックリストかどうかを確認できます。
個人信用情報の開示は本人のほか、代理人の方が申請することも可能です。