どんなときもWiFiは本人確認書類が必要?

どんなときもWiFiは、クレジットカード支払いの場合は本人確認書類提出の義務はありません。

しかし、口座振替の場合はお客様の身分証明書のご提出が必要です。

その他、本人確認書類等のご提出が必要になる場合

・未成年のお申込み
・法人でのお申込み
・海外の方のお申込み

その他本人確認を必要であると株式会社 グッド・ラックが判断した場合のお申込みが対象になります。

どんなときもWiFiのクレジットカード支払いはなぜ本人確認書類が不要?

クレジットカードは、利用者の支払い額をカード会社が立て替えるサービスです。そのため、カードを発行する際は、必ず発行審査を行って申し込み者の信用力(クレジットスコア)を調査します。

クレジットカードを保有しているということは、クレジットカード会社による厳しい審査を通過したと言えるので、本人確認書類を提出する必要性がなくなります。

また、クレジットカード払いなら、契約者の銀行口座の残高が不足していてもクレジットカード会社が代金を立て替えてくれるから管理がしやすいという側面もあります。

万が一、お客様に口座を空っぽにされても損害を受けるのはクレジットカード会社です。株式会社 グッド・ラックは被害を回避できる点も大きいと言えます。

審査ポイント1:年収

クレジットカードの審査で、信用力のある人間だと判断されるためには、最低でも100万円以上の年収が必要であると言われています。

審査ポイント2:職業・勤務先・勤続年数

クレジットカードの審査では、職業や勤務先、勤続年数なども信用力評価の対象になります。

・公務員や医師、弁護士といった職業の方
・大企業や上場企業に勤めている方
・ひとつの職場に長期間勤めている方

上記のような条件の方は、信用力のある人間として評価されます。

審査ポイント3;借入額

クレジットカードの審査では、借入額が多い方は信用力の無い人間として低く評価されます。ただし、有担保ローン(住宅ローンや自動車ローン)を契約している方は、ローンを組めるだけの信用力がある人間であるとして、信用力を高く評価されます。

どんなときもWiFiで口座振替支払いはなぜ身分証明書が必要?

口座残高が足りなければ引落しができない口座振替はリスクがあるから、信用面を重視しています。

口座残高が足りず、月額料金未払いの場合は支払いが滞ることになります。そうすると、利益回収が困難となり、株式会社 グッド・ラックは赤字となります。

どんなときもWiFiの口座振替で必要な身分証明書とは何を提出?

本人確認書類は以下の4種類です。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住基カード

スマホカメラで撮ってメールで送ります。

どんなときもWiFiで身分証明書を送信する際の注意点

身分証明書に不備があると審査に通らなくなりますので、以下の点を注意して下さい。

  • 両面必要なものが片面しかアップロードされていない
  • 顔の部分が塗りつぶされていたりして判別ができない
  • ピントがボケてしまって文字や顔が読み取れない
  • 照明が映り込んで画像の一部が白飛びしている
  • 画像のサイズが小さすぎて確認できない

運転免許証が光の映りこみ等で、記載されている氏名・住所・生年月日といった本人確認書類の内容が一部消えている場合は、審査に通りません。

記載されている文字は全て鮮明に見えるように撮影しましょう。昼間は太陽の光、夜は蛍光灯の光などが映り込みますので、撮った後に鮮明かどうか確認しましょう。

また、写真を撮る時は「手ブレ」に注意してください。写真がボケると文字が不鮮明となり確認ができなくなります。写真を撮った後に文字がクッキリと映っているか確認するようにしましょう。