どんなときもWiFiは地下でも利用可能

どんなときもWiFiは、ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアの4G回線(4G/4G LTE)を利用しているので地下鉄駅・地下駅間・地下街でも繋がりやすいです。

地下階や地下街などにも、たくさんのアンテナが設置されています。地下でも携帯電話を利用できるようにと、しっかり対策をしています。地下街の場合、地上の基地局とは別に整備されています。

いまや全国のほとんどの地下街で携帯電話がつながるのは、地下のアンテナ設置をせっせと進めていったからです。

どんなときもWiFiはプラチナバンドでビル陰や地下街に強い

どんなときもWiFiのプラチナバンドは周波数が低いので、WiMAX回線より速度は遅いですが地下やビルの影でもつながりやすいです。

地方の山間部や新幹線の中など、電波が繋がりにくいようなところではつながることが多いです。

低周波数は直進性が弱く、障害物があるときに、回り込んで電波が届く性質があるので、建物内でも比較的つながりやすいです。

さらに、低周波数は電波が遠くまで届きやすいといった特性もあります。つまり、少ない基地局で広範囲に電波を送ることができます。つながりやすいうえ、設備投資が削減できることは、ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアにとってはこの上ない利点です。

700MHz~900MHzの低周波数帯域が、価値の高い帯域という意味で、「プラチナバンド」と呼ばれる理由です。ちなみに、プラチナバンドという言葉が定着する前は、「黄金周波数帯」と呼ばれていました。

700~900MHzは電子レンジの中にまで入ってくるほど強力です。

総務省が事業者向けに開放している電波の周波数帯のうち、700~900MHz(メガヘルツ)は建物内や地下にも通りやすく、通信事業に向いています。

そして大手3社は、このプラチナバンドの周波数帯が割り当てられ自社で通信インフラを持っていて電波もつながりやすい、このような環境も大手3社の寡占状態につながっています。

どんなときもWiFiのプラチナバンドとは?

「800MHz」と「プラチナバンド」はどちらも携帯電話の電波の周波数のことを意味します。

日本の携帯電話には現在、基本4つの周波数が使われています。

・700~900MHz(プラチナバンド)
・1.5GHz
・1.7GHz
・2GHz (2.1GHz)

プラチナバンドは700~900MHzあたりのことをさし、「800MHz」もプラチナバンドのひとつです。

プラチナバンドは携帯電話やスマートフォンに適した周波数とされているため、価値が高い周波数、という意味でそう呼ばれています。

周波数によって電波の性格は大きく変化します。

2GHzなどの高い周波数は直進性が高く、大容量データ通信のやりとりに向いています。しかし、直進性が高いということは回り込みが苦手です。

周波数の高い電波としては日光などの光が見本です。すばやく真っ直ぐ光は届きますが、障害物があると影ができます。影は光が届かない部分です。

周波数が低いと回り込みができます。見本は音です。音はある範囲内であればまんべんなく届き、壁が薄いと隣の部屋の声が聞こえるように、やや透過性もあります。

携帯電話で言うと、2GHzに比べて周波数の低い700~900MHzはビルや建物を回り込んだり、ある程度は透過するため電波が入りやすいのです。

また、基地局から届く電波の範囲も広いため、山岳部などでもひとつの基地局がカバーできる範囲が広く通信事業者の負担も少なくで済みます。

どんなときもWiFiは地下に強いが、WiMAXはなぜ地下に弱い?

WiMAXが使える周波数帯は2.4GHzと5GHzですので、どんなときもWiFiのプラチナバンドよりも高い周波数帯ということになります。

プラチナバンドは2.4GHzと5GHzなどの高周波数帯に比べると電波伝搬減衰量が少ないので、より遠くまで電波が届きやすいという特長があります。

  • 周波数帯域が高い
  • 電波は高速になるが壁や障害物に弱いため、ビルや地下などには届きにく、通信距離も短い

  • 周波数帯域が低い
  • 電波は低速になるが壁や障害物に強く電波が回り込むため、ビルや地下などでも届きやすく、通信距離は長い

2.4GHz帯よりも5GHz帯の方が通信速度は速いが、壁や障害物に弱いです。

2.4GHz帯の特徴

<短所>
・色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑して不安定になりやすいです。
※アパート、マンション等だと他の部屋からの電波の影響を受ける事もあります。

<長所>
・壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。
・各Wi-Fi端末が対応している。

5GHz帯の特徴

<短所>
・2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
・旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。

<長所>
・基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定 しています。
・2.4GHzと比較して、より高速な通信が可能です。