どんなときもWiFiのUSBとは

USB は正式には「ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)」の略で、情報機器の間でデーターを転送するための接続規格です。

USB 接続は、次のように多くの情報機器との接続=データー転送に使われます。

・パソコン
・入力機器:キーボード/マウス/ゲームパッド
・外部ストレージ:外付けハードディスク/DVD ドライブ
・出力機器:プリンター
・オーディオ関連機器:パソコン用スピーカー/ヘッドフォン・イヤフォン
・フラッシュメモリ:USBメモリ/メモリーカードリーダー
・スマートフォン
・デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ

どんなときもWiFiはUSB接続でパソコンから充電できる?

どんなときもWiFi端末は、MicroUSBケーブルは付属してますが、ACアダプターはついていません。

このUSBケーブルをパソコンに接続することで充電は可能です。つまり、ACアダプタがなくても、充電は可能です。

どんなときもWiFiはUSB接続でインターネットの有線接続はできる?

どんなときもWiFiはLANケーブルやUSB接続でインターネットの有線接続はできません。あくまでもWi-Fiの無線通信しか対応しておりません。

どんなときもWiFiでは無線LANに対応していないデスクトップパソコンをインターネットで接続することは不可です。

無線によるデータ通信時にはケーブルが必要ないという手軽さはありますが、他の機器などから電波干渉を受ける可能性があることや、通信環境によっては電波が不安定になるという弱点があります。

一方有線接続は機器同士を直接繋ぐため無線接続よりも電波の安定性が高まる、通信速度が向上するという期待ができますが
、どんなときもWiFiは有線接続の選択肢がないので、速度向上も電波の安定性も見込めません。

どんなときもWiFi無線LANのメリット

無線LANの最大の魅力は、どんなときもWiFi端末を持ち歩くことで場所を選ばずにインターネット接続ができることです。

ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアの電波が届く範囲内であれば、どこでも手軽にインターネットが楽しめます。

たとえば、普段自室に置いてあるノートパソコンをリビングへ持ってきて使うだけ。わざわざLANケーブルを接続する必要はありません。また、プリンターなどの周辺機器が無線LANに対応していれば、設置場所も自由です。ルーター付近にまとめる必要はありません。そして配線も不要であるため部屋もすっきり。

どの部屋からでも、周辺機器に無線でアクセスできてとても便利です。

そのほか、スマートフォンやタブレットは、そもそも無線LAN接続を前提に作られていますので、これらのデバイスを所有している方にとって、無線LANは欠かせない接続方法といえるでしょう。

外出先でモバイル回線を使って動画や音楽を鑑賞する機会の多い方は、通信速度制限に引っかかりやすいかもしれません。自宅に無線LANがあれば、月々のデータ通信量節約にもつながります。通信速度についても、一般的にはモバイル回線よりも高速となるケースが多いため、快適にインターネットが楽しめるでしょう。

どんなときもWiFiにはない有線LANのメリット

有線LANが持つ最大のメリットはスピードと安定性です。ルーターや接続機器の性能にもよりますが、一般的に無線LANよりも高速で通信できるのが特徴です。データ通信量の多い動画鑑賞なども、ストレスなく楽しめるでしょう。

また、無線LANのように電波干渉を受けたり、距離による大幅な速度低下が起こったりすることもありません。一度設置できれば、それ以降は安定して高速インターネットが楽しめます。

不具合が起こった場合に、LANケーブルが抜けていないかなど、原因を把握しやすいのも特徴です。

加えて、セキュリティー面でも安心感があります。どの機器にルーターが接続されているかが明確なので、第三者による不正な通信のリスクが低減されます。

そのほか、一般的には無線LANルーターよりも安価に導入できるのもメリットです。

Wi-Fiとは?

どんなときもWiFiのWi-Fiとは、USBケーブルで接続することなく無線でパソコンやタブレット、ゲーム機などの通信機器と接続してインターネット通信が行える無線LANの名称の一つです。

1990年代に登場した無線LANは、別のメーカーだけでなく同一メーカーであっても異なる製品間同士では無線接続を行えない場合があったため、購入するにあたってどれが接続可能な製品が分かりづらく一般へ普及することが困難でした。

そこで1999年に設立されたWi-Fi Allianceは、無線LANの国際標準規格となる「IEEE802.11」を採用した無線LAN機器間で接続可能と認証された製品に対して「Wi-Fi」と名乗ることができると定めました。

つまりWi-Fiは無線LANの中の一つのブランドであり、Wi-Fi機器同士では接続可能であっても無線LAN機器同士では接続できない可能性があるということです。

Wi-Fiを利用してインターネット通信を行うには、アクセスポイントつまり中継役となるWiFiルーターが必要となり、モバイルWiFiルーターと無線WiFiルーターの2種類があります。どんなときもWiFiはモバイルルーターです。

どんなときもWiFiのモバイルWiFiルーターがあればソフトバンク、ドコモ、auの各キャリア電波の届く範囲でパソコンなどの通信機器を複数台接続(5台まで)して同時にインターネット通信を行うことができるので、家族や友人などと共有することも可能です。

どんなときもWiFiの端子はUSB2.0ポート

USB機器には、USB2.0やUSB3.0がありますが、どんなときもWiFiの端子はUSB2.0ポートです。

USB規格はしばらく USB2.0の時代が長かったのですが、USB3.0が登場してから、パソコンや周辺機器のUSB規格もUSB3.0対応のものが増えてきました。

「USB2.0」と「USB3.0」で大きく異なるのは、データの転送速度です。

規格値では「USB2.0」の480Mbpsに対し、「USB3.0」は5Gbps(5000Mbps)。bpsというのは、1秒あたりに転送できるビット数の単位を指しており、理論上「USB3.0」は「USB2.0」に比べて約10倍の速度でデータを転送することが可能です。

ただし、どんなときもWiFi端末はデータを溜め込むメモリやHDDは内臓されておりませんので、転送速度は無関係です。