どんなときもWiFiは人口カバー率99%以上

どんなときもWiFiはソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアの4G回線(4G/4G LTE)を利用しているので人口カバー率99%以上です。

世界遺産の軍艦島や屋久島、またキャンプ場など様々な場所で快適にご利用いただけます。

携帯電話の人口カバー率とは、サービスエリアがカバーする居住地域の割合です。

正確には、日本の総人口に対する、市町村役場において携帯電話サービスの利用が可能である市町村の人口の総和の割合で計算されます。

人口カバー率は「各市区町村の役所や役場が圏内であること」であり、人口カバー率は「カバーした市区町村の総人口÷国内総人口」で表現されます。

山間部や地下街などの圏外であっても、その地域の役所や役場が圏内であれば該当市区町村はサービスエリアとして認められることになり、実際の使用感と人口カバーの差が大きい地域も存在します。

また、人口カバー率の計算方法では、仮に人口カバー率が100%だとしても、全国どこでも使えることにはなりません。

そのため、国土面積とサービスエリアの割合で表す「面積カバー率」や、緯度経度に基づいた一定区画と人口の割合で表す「地域メッシュ統計」が利用されています。

mameden

「人口カバー率99%」という表現は、「国土の99%をカバー」しているのではなく、「日本国民の99%が利用できるエリアをカバー」という意味になります。

[toc]

どんなときもWiFiは全国各地で繋がりやすい

どんなときもWiFiは、各キャリアと通信エリアが同じため、WiMAXが苦手とする「地下」「建物内」「田舎」「山間部」などでも繋がりやすいです。

大手キャリア3社のいずれかの電波で繋がる為、ドコモ1本やau1本よりも断然に繋がりやすいです。日本全国各地どこでも繋がりやすくなっております。

mameden

3キャリアで使われる周波数の低い帯域(700-900MHz)は、その繋がりやすさから「プラチナバンド」と言われています。

ドコモのエリアマップ

ドコモの通信エリアはこちら 

auのエリアマップ

auの通信エリアはこちら 

ソフトバンクのエリアマップ

ソフトバンクのエリアはこちら 

どんなときもWiFi繋がらない原因1:通信エリア外

どんなときもWiFiの通信エリアは、ドコモ、au、ソフトバンクと同じです。

どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使っているので、通信エリアが広いです。

繋がらない場合、そもそもエリアの圏外になっている状況ならば4G回線でも使うことはできないので、ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアのエリア圏内に戻ってから使うようにしてください。

komari

キャリアは採算の取れない田舎エリアには設備投資を行いません。設備投資にコストがかかる割に、利用人数が少なく、元が取れないような赤字エリアにもサービスを提供することは難しいため、繋がらないエリアが存在します。

どんなときもWiFi繋がらない原因2:障害発生

電波を発信している基地局で障害が発生している可能性があります。この場合は待つしかありません。

すぐに治ることもあれば、時間が掛って治ることもあります。ただ、ドコモが障害でもソフトバンクやauが同時に障害というケースはないので、キャリア3社の電波が使えるどんなときもWiFiで障害が原因というのは稀です。

komari

 台風の影響により、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで通信障害が発生することがあります。災害により携帯電話サービスが利用しにくい状況が発生します。

どんなときもWiFi繋がらない原因3:直近で大量のデータ通信を行って速度制限がかかる。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。

通信制限といっても、動画視聴やオンラインゲーム、音楽のダウンロードなどの一般的な使い方では規制の対象にはなりません。

大量の通信を行い、同じ回線を利用する上で他者に明らかにストレスを与えていると判断された場合の規制です。

komari

P2Pでのファイル共有ソフトなどで一日で100GB以上のファイルをダウンロード、アップロードをした場合など極端な通信をしない限りは制限がかかりません。つまり一般的な使い方で制限がかかることはありません。

どんなときもWiFi繋がらない原因4:パケ詰まりを起こす。

パケ詰まりとは、インターネットには接続されているものの、通信速度が遅いため、パケットの転送処理が追いついていない状態を言います。

パケ詰まりが起こると、エリアの圏内であるにも関わらず、通信速度が極端に遅くなったり、繋がらなくなってしまいます。

これはネットにつなげる電波を飛ばす基地局で混雑していて、繋がりにくい現象です。周囲に同じ電波を使ってる人が多ければ多い程に、パケ詰まりを起こしやすくなります

解決策は、人の少ないところに移動することです。

mameden

パケ詰まりの原因のひとつが、ユーザー数の急激な増加です。スマホでデータ通信をするには、キャリア(携帯電話会社)が設置した基地局と交信しますが、ひとつの基地局が処理できるデータ量には限界があるのです。

odoroki

ひとつの基地局にデータの通信量が集中すると、ひとりあたりの通信量が制限されてしまい、データが流れにくくなってしまうのです。これがパケ詰まり現象の原因です。とくに通勤時の駅や人ごみなど、人が集中する場所でパケ詰まりが起こりやすいです。

どんなときもWiFi繋がらない原因5:接続台数が制限を超える

どんなときもWiFiの接続台数は5台までです。その制限台数に到達している場合、繋がりません。

機種の最大接続台数5台を超えている場合は、減らしてください。

mameden

どんなときもWiFiには接続できる台数が5台までと決まっています。接続可能台数を超えると接続不可・接続しても速度低下が起こります。複数接続するほど通信速度が低下し速度制限にかかりやすくなります。使わない機器との接続をこまめに切断して接続台数は最小限にしましょう。

どんなときもWiFi繋がらない原因6:まわりに障害物が多く電波が届きにくい

どんなときもWiFiサービスエリア内にいるにも関わらず繋がりにくくなる原因は、障害物による影響が考えられます。

基地局とどんなときもWiFi端末との通信は、ビルなどの障害物の影響を少なからず受けています。くつかの条件が重なると、通信が弱まり繋がりにくくなることがあります。

また、どんなときもWiFi端末と接続機器の間でも、壁などの影響を受けて繋がりにくくなることがあります。

このような場合には、どんなときもWiFi端末を障害の少ない窓際に移動し、スマホ・PCなどの接続機器をポケットWi-Fiに近づけてみてください。

mameden

鉄筋コンクリートの建物で地下階にいると、携帯電話の電波が届かず、圏外になります。電波の特性の一つとして、ガラスや陶器は通り抜けられますが、鉄筋コンクリートや金属には反射してしまうことが挙げられます。

どんなときもWiFi繋がらない対処法1:スマホやタブレットを再起動する

どんなときもWiFi端末、パソコンやタブレットやスマホなど再起動することでデータ通信ができるようになるケースも多いので、原因不明の接続不可能状態を解消するのならば端末を再起動しましょう。

saikou

どんなときもwifi端末やスマートフォン側で何らかの接続不良が起きている一時的な接続不良であればこれら端末の再起動で直ります。最初からサービスなどを開始させていくので、何か一時的な不具合が原因であれば直ります。

どんなときもWiFi繋がらない対処法2:エリア内でも繋がらない場合

エリア内になっていても、ピンポイントで電波が来ていない可能性があるので電波が来ているか確認します。電波が来ていない場合は、電波が来る場所に移動します。

通信エリア内で電波が来ているであろう場所でも電波が来ていない場合、端末の調子が悪い可能性もありますので、まず端末が電波を捉えられるのかを確認しましょう。

saikou

どんなときもWiFi端末の場所を移動してアンテナが立つかどうか確かめましょう。どんなときもWiFi端末を持ち、ゆっくり部屋の中を歩いてアンテナが安定して数本立つ場所を探してみましょう。

どんなときもWiFi繋がらない対処法3:機内モードを確認

機内モードはワイヤレスの接続が原則すべて無効になるので、Wi-Fiの電波が来ても拾えません。機内モードがONになっている場合はOFFに切り替えましょう。

mameden

機内モードとはiPhoneやAndroidの通信機能を一括で遮断する機能です。iPhoneやAndroidが通信機能を使うものはWi-Fi、Bluetooth、電話回線、データ通信などが存在していますが、それらを個別に設定することなく一括で切ることが可能です。

どんなときもWiFi繋がらない対処法4:どんなときもWiFi端末の置く場所を変える

どんなときもWiFi端末の置く場所を3cm動かしただけでも電波強度が弱から強になるケースがあります。窓際、高い位置、通信対象との間に障害物がない場所に置いてみると良いです。

  • 電子レンジなどの電化製品から離して置く (WiFiの周波数と干渉しやすいため)
  • 水槽などの近くに置かない (WiFiの電波は水を通り抜けにくいため)
  • 床置きは避けて、床から2mほど高い場所に置く (床に電波が反射するため)
  • 鏡や金属製の物などの近くを避けて置く (電波が反射しやすいため)
  • 部屋の4つ角以外に置く (ルーターを中心に電波が広がるので、理想は真ん中)
  • 物で囲まれた場所を避けて置く (熱がこもったり、遮蔽物に電波が遮られるため)
mameden

どんなときもWiFi端末は、できるだけ自宅の高い場所に置きましょう。障害物の少ない高い場所に置くことで、電波を遠くまで飛ばすことが可能です。また、周辺環境も重要です。高いところに置いたとしても、周りに大きな家具などを置いてしまえば、電波の邪魔になってしまいます。高い位置に置き、高い物を周りに置かないようにしましょう。

どんなときもWiFi繋がりにくい場所1:地下鉄のトンネル内

どんなときもWiFi繋がらない場所として、一番多いのが地下鉄のトンネルの中です。地下鉄の駅のホームで繋がりますが、一部の地下鉄のトンネルの中で使えないことがあります。

komari

ビルの地下や地下鉄の駅構内などでは、屋外からの電波が届きづらいことがあります。電波が届きにくい場所では電波が弱くなってしまい、電波がつながりにくかったり途切れることがあります。

どんなときもWiFi繋がりにくい場所2:映画館の中のかなり奥の通路

どんなときもWiFiは映画館でも繋がるのですが、かなり奥の方の通路となると繋がりにくくなります。映画を観る時にネットが繋がらなくても困りませんが、こうした建物内でも奥まった場所は弱いと言えます。

komari

映画館は密閉された空間ですので電波が入りにくいです。