どんなときもWiFiキャンペーンキャッシュバック

どんなときもWiFiクーリングオフ

どんなときもWiFiは、「初期契約解除制度」に対応しているので、商品受取りから8日以内に電話か書面で解除申請をすれば契約をキャンセルすることができます。(最初に支払う事務手数料に関しては戻ってこない)

実際に利用してみたら全く電波が入らなかったということもありますからね。

そんな時は初期契約解除制度はどんな理由でも契約をキャンセルすることができるので、もしなにかあった場合は受取りから8日以内に申請するようにしましょう。

8日以内に端末及び付属品をすべて返却して会社に届いている状態にする

これを守らないと別途機機器損害金として18,000円が掛かってしまうので気をつけてください。

それでも万が一利用する場所が提供エリアでなかったり、電波が通りにく不安定な場合には、初期契約解除制度を利用することができます。
初期契約解除制度とは、WiMAXや他社ポケットWiFiを契約したときでも使える制度で、クーリング・オフに似た制度です。
どんなときもWiFiを契約して使ってみたけど、思うように速度が出なくて使いづらいと感じたとき、解約金なしで解約できる制度です。

端末を受け取った日から数えて8日以内に電話申告、または書面で申請することが可能です。
万が一、思うように使えなかったという場合には解約することができるので安心して契約することができます。

ク-リングオフとは

クーリング・オフは、強制や不意打ちなど消費者が不利な状態で、販売業者側から購入や契約を迫られたり、騙されたりした場合に、消費者側から一方的に、理由を問わず購入や契約を解除できる、消費者保護の制度です。

一度購入や契約をしてしまったものに対し「冷静になって考え直す(クーリング)」する期間を置き、必要な手続きを経ればキャンセルをすることができるものです。

これらは一般的に「特定商取引法」で定められた契約やサービスの提供が対象になりますが、そのほかにも、クレジット契約の「割賦販売法」、宅地建物(賃貸を除く)を対象とした「宅地建物取引業法」や「不動産特定共同事業法」で定められたサービスや契約なども、クーリング・オフをすることができます。